脳外科医もつの日常

30代、中堅?脳神経外科医の日々のつぶやき。医療、プライベート、趣味など気ままに書いていきます。

ヘルスケア

ある日の外来の話〜ふらつきで悩む患者さん、いらない薬はバッサリ切る!〜

外来に来た患者さんの話です。 この方は転居に際し、今まで通院していたかかりつけ医の紹介状をもって私の外来に来院されました。 なんでも、脳梗塞の既往があるから…らしいです。 一般的に脳梗塞後しばらく経った患者さんは頸動脈狭窄症や頭蓋内の血管狭窄…

脳ドック等で未破裂脳動脈瘤と言われたら?〜精神的問題、生命保険の問題が生じる!?〜

こんにちは。 今回は非常に大事な話題についてお話します。 我々脳神経外科の外来でよく経過観察する患者さんで未破裂脳脈瘤の方がいます。 未破裂脳動脈瘤について:基本事項 未破裂脳動脈瘤とは? 未破裂脳動脈瘤を放置したらどうなるの? どんな未破裂動…

食べ順ダイエット成功のポイントは野菜ではない!〜食前のホエイと最後の糖質が良い?〜

はい、こんなこと書くと多くのブログから「はぁ?」と言われそうですが、そんなことにも負けずに記事は進んでいきます。 はじめに 近年、血糖の急激なアップダウンが太りやすいということは認識されつつあります。 インスリンの分泌を抑えることが、太りにく…

高いのに効かない薬飲んでない?高齢者糖尿病の血糖管理と投薬についてのつぶやき

今回は糖尿病です。 前半は糖尿病の概要になりますので、知ってる方は読み飛ばしてください。 糖尿病の基本知識おさらい そもそもHbA1C(ヘモグロビン・エー・ワンシー)とは? 糖尿病には1型と2型がある 糖尿病は何が怖い? ①:3大合併症(網膜症、腎症…

「糖質制限論争に幕?」ではない!やみくもにビッグ論文だからと糖質制限の結果を当てはめては危険。

私の記事よりちょっと後にこんなのが東洋経済オンラインからでました! 公明な先生が書いていらっしゃるんでしょうけど。 下記は私のブログです。こちらからご覧ください。 ええとですね、根拠のない糖質制限批判もよくないですけど、「糖質制限は早死に」と…

夜中に酔って、怪我して救急搬送されたらいくらかかる?

こんにちは。そうとう具体的なタイトルですが、これよくある話。 患者さんにもこれくらいかかるよ!とよく説明するので、今回はその話をしようと思います。 いくらかかるかは診察代+処置代+検査代が主ですのでこれらについて見ていきましょう。 受診+診察…

ダイエット上手くいかないって?体質に合わせた栄養やトレーニングを。ハードゲイナーとイージーゲイナーって?

こんにちは。ダイエットというよりボディメイクは自分のタイプを認識してから計画を立てるとより効率的に行うことができます。今回はその話。 太りやすいかどうか、3つのタイプに分かれる 各種タイプについての詳細 1. 外胚葉型:ハードゲイナー 2.中胚葉…

すぐにわかるケトン食ダイエット(ケトジェニックダイエット)のまとめ〜筋トレ、栄養学好きの脳外科医がダイエットを語る、その2〜

今回はケトン食ダイエットについてです。(ケトジェニックダイエットとも言います) ライザップなどで低糖質ダイエットなんかがブームになりましたが、それよりさらに極端・・・いや、医学的にも効果が証明されているすばらしい食餌療法についてなるべくわか…

ありがちな健康・美容・ダイエットに関する誤解5選

秋深まってきました。 創作意欲が湧く季節ですね。 私が思う、健康・美容・ダイエットの誤解、簡単ではありますか書かせていただきます。 腹筋を割るために腹筋運動を繰り返す コラーゲン入りの化粧品に執着する 1日一万歩を歩けば健康にいい…と考える謎の自…

糖質摂取が多いと早死なのか?先月こんな論文がでました。

いままで、脂質を抑えることが動脈硬化性疾患の予防になると言われてきました。かれこれ1950年代くらい? ところが、最近では飽和脂肪酸の摂取と心血管系疾患および死亡率との相関がない、逆にリスクが低くなるという報告もでるようになりました。 そんなな…

この検査、本当に必要なの?。病院での不要な検査とは?高価値医療のために、賢い選択を。choosing wiselyについて。

今回は不要な検査についてです。 はじめに choosing wiselyは日本にも広まりつつある choosing wiselyのホームページ そもそもなんで医療従事者は患者に対し、過剰な医療行為を行ってしまうのか。 さいごに はじめに 米国発の「不要な検査・治療リストキャン…

主訴が吐血なのに…脳卒中!?

こんにちは、まさかの一日2回の更新。 今回はタイトルに有ります通り、少し症例の話をしたいと思います。 主訴とは 患者が医師に申し立てる症状のうち主要なものと大体言われています。(紹介状はそうでもないこともあるのですがとりあえずこのまま進めます…

CT・MRI検査はいくらかかる?

こんにちは。 今回はよく外来である画像検査についてです。 まず、 検査種類(CTかMRIか)と部位(心臓の場合は値段が高くなる) 造影剤使用の料金 画像診断管理加算料 電子処理加算料 コンピューター断層診断料 が基本かかります。 そして、初診or再診料、…

5種類以上の内服は、本当に必要か確認しましょう〜ポリファーマシー(多剤内服)について〜

本日はポリファーマシー(多剤内服)という内容です。 (はじめに、本内容は個人的な見解を含みます。ご了承ください) 近年、高齢者の多剤内服が議論になっています。厚生労働省でも高齢者医薬品適正使用検討会なるものが開かれておりガイドライン策定も進…

血をサラサラにする薬を飲んでるご高齢の方、胃薬も飲んでますか?

こんちには。 今回は少し真面目な内容です。 下記の論文はランセットという非常に有名な雑誌なのですが、 Age-specific risks, severity, time course, and outcome of bleeding on long-term antiplatelet treatment after vascular events: a population-b…

医師の時間外労働に関する記事を読んで、文句が言いたくなりました。

前回は「脳外科少ない!悲しい・・・」という話だったので、今回は私の経験も交えながら時間外労働について書いてみたいと思います。 www.m3.com こんな記事があります。 googleで「勤務医 時間外労働」と検索するとすぐにでてきます。 この記事につきまして…

筋トレ、栄養学好きの脳外科医がダイエットを語る、その1

今回はダイエットについてです。 様々なダイエットが横行しておりますが、糖質制限ダイエットに関しては未だに賛否が分かれるところですし、高タンパク質食を追求しすぎて死亡した例もあるようです。、 後者はたまたま代謝異常のある方だったみたいですが。 …

ヒアリにビビるな!〜余計な情報に惑わされないために、伝えたいこと〜

ちまたで話題のヒアリについて今日は書いていきます。 いろいろと騒がれておりますが… えっと・・・・・ですね ただの虫刺されですからっ!!! だからビビる必要はありません。もうこれで今回のいいたいこと終わりです。 ムカデにしてもハチにしても、大事…

熱中症が流行る時期〜汗をかきにくくなる薬について〜

暑い日が続いています。いかがお過ごしでしょうか。私の家は3DKですが、エアコンが1つしかなく、これ1台で部屋すべてをカバーするのがそもそも無理なのですが、サーキュレーターなどの力を借りながら室内のクーリングに努めています。 さて今回は熱中症の…

尿酸値が高い…でもお酒が飲みたい人へ 〜私が検診で話すこと〜

検診をしていると、よく愛飲家の人から「先生、お酒はどれくらいなら飲んでいいですか?」と聞かれます。ほどよい飲酒量に関してはまた別の機会にお話するとして、今回は尿酸値について私が検診で患者さんに話していることを簡単に記載したいと思います。 よ…

肥満とは?私が外来で勧めているダダでずぐ実践できるダイエット

肥満とは何か?その指標は?なぜ太るのか?そういったことをまず理解することが減量には大事ですよね。 前半は肥満の適宜、指標の話。後半にやせるためのちょっとしたコツについて話していきたいと思います。 さて、私はつきに2回外来をやっています。1つ…